それって本当にお得なの?を徹底検証

本当にお得?!.com

グルメ

日本産ワインランキング

投稿日:

国産のブドウを使い国内で生産する「日本ワイン」は、ここ数年で味が向上し、評価はうなぎ登り。海外の三ツ星レストランでも選ばれるようになりました。ワイン販売大手のエノテカが4月オープンした新店には、同店最多の60アイテムをそろえる力の入れ様です。エノテカオンラインの2016年日本ワイン売り上げランキングを紹介します。
日本国内で作られたブドウで醸造された日本ワイン最近は味の評価が高まり海外のレストランでも使用されるようになってきた。
そんな日本ワインの最新売れ行きランキングです。
最近銀座6にオープンしたワインショップエノテカ
国内最大のワインの品揃えの中で、広いスペースを割いて並んでいるのは、国産のぶどうを使い国内で醸造した日本のワインだ。
今注目の日本ワインのランキングとは、
エノテカオンラインの最新売れ行きランキングで集計
まずは10位から6位
8位の北海道産以外は山梨県産が並んだ
10位のいろ甲州には、かわいい羊
甲州ワインの特徴をよく出しているワイン。和柑橘特にゆずみたいな香り、
醸造元は日本最古のワイナリーとして知られる。まるき葡萄種
葡萄畑に案内されると、広い畑を走り回る羊たちその理由は独特のブドウの栽培法にある。不耕起草生栽培といい雑草自然のまま生やして、羊が草を食べ排泄物を落としてそれが土に帰って活性化する。そして上位のランキング5位から2位は以下のようなランキングになっています。
5位は、グレイス甲州
4位は、てぐみデラウェア
3位は、高畠ワイン喜スパークリングピノシャルドネ1,915円
2位は中央ぶどう酒グレイスグリド甲州1,944円
注目は3品種がランクインしている中央ぶどう酒という会社
こちらは山梨県甲州市で94年続く老舗
人気の理由は海外での評価3年前世界最大級のワイン評価コンクールで、日本のワインとして初めて金賞を受賞したのだ。
評判は瞬く間に世界に広がり、ベルギーの三ツ星レストランでも扱われるようになった
ベルギーのレストランヘルトックヤンのジョアキムブックスさんに尋ねると、日本がこのようなワインを作りとても感動した。このワインのエレガントな味に驚いた。このワインを手がけたのが社長の娘で、醸造責任者のみさわあやのさん日本固有のブドウで世界に通用する甲州ワインを作ろうと、世界中を回り勉強してきた。
試した技術の一つが、ぶどうの根の部分を土でもり上げて、排水を良くするというものこうすることで風味が凝縮されるという。白ワイン用のブドウは排水はあまりいらないという。赤ワインは排水が必要だけれど、そういうのをまるっきり無視して、白ワインでもどんどん排水して、ぎゅっとした甲州ブドウからものすごい甲州ワインを作りたい。その努力は報われ、世界の数々のワインコンクールで受賞を重ねた。ランキング5位のグレイス甲州は、去年のコンクールでプラチナ賞を受賞そして2-グレイスグリド甲州は、部門内の最高賞を受賞している
そして栄えある日本ワインランキング1位は、高畠ワイナリーの 喜スパークリングシャルドネ少しすっきりとしたさんの強い凛とした感じの爽やかな一本
非常にコストパフォーマンスが高いということもあるし、近年世界的にスパークリングワインの需要が高まっていて年々伸びている傾向
進化を続ける日本ワインからますます目が離せなくなりそうだ
(Visited 310 times, 1 visits today)

アドセンス

アドセンス

-グルメ
-

Copyright© 本当にお得?!.com , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.